スクロール
Message メッセージ

IT(Information Technology)という言葉は、すでに古い言葉になりつつあります。その言葉は1960年代に生まれ、1995年 Windows95の登場によって急速に世界に広がりました。

しかしその理由は、Windows95というアプリケーションが革新的であっただけではなく、そもそも軍事的利用を前提にして発展してきたインターネットというメディアと融合したことで起こりました。

もしも、Windows95が発売されていなかったとしたら、PCはこれほど普及していたでしょうか?

ドローン(無人航空機)もまたインターネット同様、軍事的利用を前提にして発展してきました。そして、PCとインターネットが融合してITが急速に発展したと同様、ドローン(無人航空機)もまた急速に発展するための"メディア”を待っている時代に入りました。

私たちは、ドローンが誕生した1910年代="DRONE 1.0"、一般利用が始まった1980年代="DRONE 2.0"、そして、ドローンと新たなメディアが融合する年代="DRONE 3.0"と名付け、ドローンビジネス(ドローンを使った商業活動)の健全な発達に寄与し、"DRONE 3.0"を創造するための事業を行って参ります。

株式会社ドローンラボ

代表取締役

岩田 直樹
Profile プロフィールProfile プロフィール
名称
株式会社ドローンラボ
住所
〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-206
Eメール
hi@dronelab.tech
Website
dronelab.tech
創業
2016年8月8日
設立
2016年9月13日
資本金
500万円
主な事業
ドローンビジネス(ドローンを使った商業活動)の健全な発達に寄与する事業を行う。
取材・プレス関係についてのお問合せ
Team チーム
代表取締役 岩田直樹 代表取締役 岩田直樹
Naoki Iwata

代表取締役   岩田直樹

1972年、愛媛県生まれ。立教大学大学院卒。ベンチャーキャピタルという立場で、これまでベンチャービジネスのインキュベーターとして、多くの会社の設立に携わってきた。そのなかには先端技術に関わるビジネスも多く、特にFintech(Financial technology)とDroneに大きな未来を感じ、現在では、他にフィンテック・ビジネスに関わりを持ちつつ、ドローンビジネスの健全な発展に寄与するため弊社を設立した。
取締役 名倉真悟 取締役 名倉真悟
Shingo Nakura

取締役   名倉真悟

1962年、大阪府生まれ。立教大学大学院卒。長年に渡り事業構想のコンサルタントとして事業を継続してきたが、その傍ら私立大学医学部で研究員として先端技術に関わる研究を行う内にDroneに大きな未来を感じ、JUIDA 操縦技能証明証およびJUIDA 安全運航管理者証明証を取得。将来は、DroneとAI(Artificial Intelligence:人工知能)の融合に関する研究を進めて行きたいと考えている。
取締役 名倉恵子 取締役 名倉恵子
Keiko Nakura

取締役   名倉恵子

1962年、広島県生まれ。京都女子大学卒。非常勤ながら電通や日本航空 広報部で勤務し、その経験を生かしプロモーションに関わる業務に長年携わってきた。弊社でも主にプロモーション業務の担当者として、ドローンビジネスの健全な発展に寄与したいと考えている。

〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-206